2009年04月30日

JCAD3 GLBVer1.0.0 5月1日発売開始!

最後の最後にVISTAでの画像キャプチャー処理の連携がうまくいかづに悩みに悩んでいましたが、XPでは、とっくに出来上がっておりました。VISTAの開発者が20%なのも理解できます。
実質には自分たちの思ったことを実現したいのですが、というか
XPまでは実現できているのにそれだけをつぶすのに2週間。。。
これでは開発者はいなくなりますね。。
思ったことを実現する方向にバグの対応や、新たな開発を今後も続けていきますが、自分たちの構想の約70%は、実現できていると思います。次からの開発は、現在、80万以上のCADおよびSTL修正ソフトの機能を実装させることをしていきますが、その部分の供給はどのようにするかといった価格帯やリリース方法に悩むところです。また、今回のリリースで次のWindows7への移行テストにすすみます。
posted by JCG at 15:15| Comment(0) | 日記

2009年04月20日

なれ

なれというものはこわいもので、TAKUMIのときには、透視図の速度もあってワイヤーフレーム状態しかも、簡易状態で物体を描いていました。何年もやってるとこの状態が通常でしかも、だいたい、ここら辺におけばいいかなというのも感にたよってだいたいのところにおけていたわけですが、今回 急遽 透視図のシェーディングを常時する状態のモードを追加しました。
 他の物体に食い込んだ時の制御点は、みえませんがそれは、普段使っているモード1〜3に変えればいいということで組み込んでみました。
 具象とかすごくやりやすくなった感じたぶん、パべなんかも今までの数倍の速度で可能かなと思っております。
 BASICOPERATIONのページにこんな感じでという動画をUPしてあります。
 BASICOPERATIONのページは、初期講習に必要なものなどを上げていきたいと思っております。
 初心者の方がまず、はじめに体験版をダウンロードし、この動画を見て、最初の入りができるようになればいいなとも思っております。
 また、JCADでできること(CADなのでお題をいただければだいたいのものは描けますが。。。。)を見極めていただければと思っております。
posted by JCG at 16:20| Comment(0) | 日記

2009年04月19日

現在の光造形機(積層型造型機)について

現在、宝飾業界で使用されている光造形(積層型造型機)は、主に5種類です。
MEIKO(光造形) Solidscape(インクジェット)Envision(光造形)DWS(光造形)Invision(インクジェット)
その中で機械的な仕様をみると高速かつ精度があるものはDWSの造形機となります。方式は下から盤面に照射する現在の高速機と言われているものEnvisionと同じ方式でしかもレーザーを使いガルバノミラーにより照射させる方式1点照射なのでプロジェクターのようなピクセル数に依存する面照射を採用している機械よりははるかに精度があります。レーザー刻印の機械を下から上に向けて照射しているというのがイメージしやすいと思います。日本製の価格を切り詰めたEnvisionと同じような製品がもうすぐ発売されるのでそれに期待が持てます。
インクジェット方式では高価だがInvisionの精度は素晴らしくまた、造形物にも強度があり使いやすい。
キャストの面でいえば一番WAXに近いということもありSolidscapeが得意とする。但し、細かい爪などの点では難しいという評価があり海外では爪の製作はしなくあとで爪を地金で立てるということも聞いたことがあります。
実際にこの中で一番古いのはSolidScapeで次にMEIKOの順である。
Meikoの造形機もとやかく言われがちでひと時の販売実績には及ばないが着実に販売しています。4月も韓国の大学、2台目購入の企業と販売されています。
posted by JCG at 21:08| Comment(3) | 日記

2009年04月16日

体験版ダウンロード

新JCADの体験版をダウンロード開始いたしました。今までの操作性をくずさずに新しい機能をくわえていくことは簡単なようでとても難しいと痛感しています。新規に新しいソフトを作ったほうが簡単だったんでは?と思うこともあります。
 基本ベースを拡張していくわけですが、新コマンドを増やすたびに前の操作との絡みが発生し、既存にあるコマンドの内部処理方法を改良しなくてはいけないなど複雑にからんできます。
内部処理だけみたら80%以上効率化を行っております。
ファイル形式も見た目は同じでもバージョンによって若干の変更があったりDEMO版を配るまでのテストでは大丈夫だったと思ったものが顧客先ではエラーにということも起こり、解析作業、効率化を行わなければいけないことに、その中でも効率化をしていくことにより新たに旧ファイルで行えなかった保存した物体を再度サイズ合わせできる方法を見つけたりといった発見もあり、やはり多くの方に触れていただき改良を行うということもありえるんだと思いました。WINDOWSでリリース後すぐに修正版が出るというのと一緒でそのようなとき、もっと、しっかり開発してから出せばいいのにと思ってたのを思い出します。
当初のリリース時期からかなり遅れをだしておりますが。。。。。。かなりいいものに仕上がっているのを実感します。
posted by JCG at 21:37| Comment(0) | 日記

2009年04月14日

使用状況@ 

先週1通のメールが入りお客様の工場にいってきました。業界では大手の企業の工場です。工員数も日本の工場では多い方だと思います。現在は工場で作成している原型の95%は造形で作成しておりかなり使い込んでいます。
 今回は急激にレーザーの出力が下がったため造形できないとのことここの造形は出力を極力下げて出来上がりを重視した設定になっており出来上がりでかなりの精度を出しています。
 担当は女性の方なのですが、かなり造型機について研究をされておりDATAと出来上がりの誤差を極力少なくしています。
設定的には、LC-510の速度 800でうごかしていますが、レーザーの出力は2.8−2.6ぐらいであり出力を抑えています。
私自体がLCV-810の出力できれいだと感じる範囲は、下限2.9〜2.7速度1600ぐらいなのでちょうど良い範囲で造形されていることになります。月に約70型(再造形含まず)をLC-5101台で造形しています。どんどん、造形での仕事が増えてきている様子もう1台はいると楽ですね。
JCADのオペレートは二人で行われています。一人月35型いいペースだとおもいます。
posted by JCG at 20:17| Comment(0) | 日記

2009年04月08日

NEW造型機

日本の会社で製作した光造形機が試作段階を終えた状態になってきたようです。まだ、詳細等は発表されていませんが、ドイツのエンビジョンのような方式を採用しているようです。
固定液面で下から光をあて凝固させる方式は、日本人が考えた特許があり今販売されているそのような方式のものはこれに抵触する恐れがあります。どのように回避しているのか情報がないので今回の機種はその辺をクリア―するのに時間がかかったようです。
 特許に対しての危機管理は、とても重要で以前は、ある会社の世界的特許に抵触した会社が製造の中止を余儀なくされたこともあります。販売台数に特許権を行使し特許使用料をかけるもしくは販売停止させるなどがとられます。
 メイコーシステムも一時期、米国3D社の特許に抵触するということで査察などが入ったこともあります。光造形で上から光を当て凝固させ固めて積層される技術はこれも日本人が最初に考えたことでこれがもったいないことに特許申請はしたものの審査請求をしわすれたというような内容だったと思います。もったいないことです。その間に米国の会社が世界特許を取得してしまっていてこの議論は裁判を行う国によって様々で日本でやれば勝てるけどといった内容になっています。メイコーシステムの場合は、国際弁護士同士が話し合い、今現在は特許に抵触しないということになっており米国での販売も可能となっております。
特許の行使権は、特許保有者にあるのでそれを行使するかはその方の一存だあるがゆえに海外の会社まで行使するかはわからないところであります。それゆえに発案という重要な資産の保全が日本人は特に気薄であるということかなと思います。
 
posted by JCG at 10:40| Comment(0) | 日記

2009年04月02日

3次元のPC環境

この頃、購入するPCは、すべてゲーム仕様のものを購入しています。ネットワークのゲームはだいたい3次元環境でありかなりの能力を必要とする。今回の開発時のメインPCもDELL XPS 630を
使いました。かなり、安定感があります。(VISTAの動作は置いといて。。)本体と22インチのディスプレーがついて12万ぐらいでした。
私たちが3次元を始めたころは、22インチのディスプレー45万とか
FireGLの128MBのグラフィックカードが45万とか。。今考えると敷居が高すぎな時代でした。
UNIX版のJCADが150万ぐらいしてましたし。。。
やっと、3次元環境が追い付いてきたなというところです。
ノートPC使用するのには、やはりMAXな環境を求められると思います。

やっとジュエリーの業界でも使用する人が増えてきてこれから本格的に進んでいくと思われます。
このような状態になるとすごく浅い知識の人が口だけで商売をするようになってくるし情報も偏った物が多くなってきます。
ブログもよしあしで表現の自由というものだろうが何を書いてもいいわけでないと思います。

ここでは、自分たちが使っているものなどをご紹介したいなと思います。
posted by JCG at 19:14| Comment(0) | 日記

2009年04月01日

NET認証

NET認証のテストが終了しました。バージョンUPや修正パッチの配布も自動で可能になります。
これで、NETにさえつながっていれば、平等にサポートが受けられる状態ということになります。今までは、メーカーのHPや代理店に話をしてということが必要でありましたが、確認しなければわからないといったことがありますのでサポートをしているということからはあまりにかけ離れたところの話ですね。

また、これにより、同一シリアル番号の動作状況(不正コピーも判断可能です。)
1か月に1回は認証を求められますが、世界的にコピー製品が出回っていることを考えるとこのような状態が必要であるのかなと思います。

これで、契約完了すればリリース可能の状態になりました。ただ、NETを見られない方には、これから資料作成などを行い、販売に踏み切る形になりますので、もうちょっと時間が必要です。

DEMO版(データ保存無版)も配布予定です。また、お知らせします。
posted by JCG at 16:55| Comment(0) | 日記