2009年12月31日

今年

今年も1年ありがとうございました。
JCADの開発を引き継いで頑張ってきました。
まだまだ、頑張る余地は残ってます。。

3次元の世界は、これからもどんどん進化していくと思います。
私は、以前から宝飾用ソフトはCADの操作ではなく、CGの操作であると思っています。Studio MAXを初めてみたのが14年ほど前ですが
その操作できれいに実用データとしてデータが書き出せればいいなと思ったのがきっかけです。CGのような操作で造型に実用的に使えるデータを吐きだすということが究極なのかなと

フルCGの映画が出るにつれ、TVなどでキャラクターの画像などを目にします。口を動かす時に、自動でやると、口の横にしわができる
など、それを、手動で時間をかけて修正したなど、3次元に携わっているとその形状はそうなるね。。とおもうこともしばしば、
あっちのソフトのこの機能があればいいのにねとか
高価なソフトでもフリーのソフトでもあまり変わらない次元で同じことに悩んでいたりします。
とくにモデリングの部分では、あまり大差が見つかりません。
アニメーションを作るとかレンダリングをきれいに行うという面では大差があります。

JCADの場合名前にもCADとついてしまっているので脱CADとはいえないですが。。。。Jewlry Moderingには、良いソフトとして、来年もがんばっていけたらなと思っています。

だいぶ、開発も進んできてるので、来年の展示会にはさらに良いものをお見せできるといいなと思っています。


posted by JCG at 16:53| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

造形用ファイル2

開発に手間取ってて今年最終日になってしまいました。
完璧なSTLを作成する方法としてはフリーフォームなどで粒子化し出来上がったものを面の効率化で面数を削除していく方法が早いと個人的には思っている。
それは、極端に細かいSLCを作ることと同じ作業であるのでできないわけではない。
今までは、JCAD自体が装置メーカーのシステムの一部としてとらえてたこともあり、STLにする事態必要がなかったことでもあるからといえばそうであるのだが。。。
できることは、どんどん実装していけばユーザーの利益につながることではあるので、そのうちに破綻した面をふさいでSLCを作る
ということをすればいいのかなとおもってます。
幸い破綻した面をふさぐ処理は研究してたこともあり、時間的にはさほど必要はないとおもう。
あとは、体積測定やNCの部分をうまく処理できればいいという感じ

演算も現在の開発中のものは、演算前にバックアップファイルを生成し、その後、任意で曲線を分割数5まであげ、さらに三角パッチ化をしてから計算させるかどうか指示する窓をつけている。
それだけでも、かなり精度は上がります。

最終的には新機能としてフリーフォームの簡易版みたいなものまで、実装できればいいなとおもっています。


posted by JCG at 06:40| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2009年12月19日

造形用のファイル

造形用のファイルとして、各社の独自のものとSLCファイルがあると思う。
MEIKOの機械で造形する場合、演算などの破たん部分が大きくなければすべて形状としては作成可能であるのであまり感じないところではあるが、他社の機械にかけた時は、破たんした部分でエラーとなり、造形できないことがあります。(破たんがおおきすぎるものはMEIKOでも不可能ですが)

どのCADでも演算による破たんは存在する。それを修復するために、高額ソフトのMagicsなどを使用して破たん部分を埋める作業を行っている。完全にできたファイルをSLCファイルに変換し造形するということが多い。

JCADからもSLCファイルを出力してもらいたいという要望は
海外から多く寄せられる。もちろん、それは可能である。
なぜなら、JCADでは、体積表示としてg表示を行っている。この体積を量る機能こそSLCファイルの方法であり、MEIKOのNCファイルと同じである。多分、1月の展示会には、SLCの出力機能が付加されるだろう。

そこで、問題が一つMEIKOの機械で造形したときに破たん部分は細い線などで作成されるという仕組みである。この方法は、機械にかければ、すべての物体が作られるということであるが、各社の機械では、対応が可能であるかはわからない。
そのため、上記で書いた、Magicsによる、完璧なSTLということを考慮しなければならない。
良く海外から送られてくるSTLには、ジュエルCADのように、オリジナルデータからSTL化した時に破たんがひどすぎて使用できないのでSLCに変換しそれからSTLに組みなおすという方法で行うところもある。しかし、それも画像上でSLCに変換するときに演算と同じような計算を行っているのであるから、データ的な破たん部分がないわけではない。1枚の皮のファイルに無理やりしなくて破たんが少なくはなるけどもというところである。

完璧な造形をするためには、(様々な装置で)完璧なSTLを作成しなければならないということになる。それからのSLCファイルの創出でなくてはならない。

次につづく
posted by JCG at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年12月10日

STLはなぜ重い?効率化してみた

ジュエリー業界で使われているソフトもいろいろあり、光造形の標準フォーマットがSTLとなっていて、STLファイルを扱うことが多くなります。
STLのファイルを扱うと、とてつもなく大きなデータになってしまったりネットで転送できないという問題が発生します。

また、データ量が大きいだけ細部も表現できているのは確かですが、はたして、造形に適したデータであるか?ネットで確認のために見せるデータであるか?ということを考えるといかんせん過剰なデータが多いということしか言えない。

光造形での機械精度を考えると0.01mmが限界、それでも造型機の各個性により、被写体が小さいものは0.2mm単位で変化したり、光の径のため0.04〜0.15mmぐらい大きくなるものなど様々、データを細かくすれば細部は表現できるが、それがどの程度造形で出力されるかは別のものである。

出力サービス会社のサンデジさんのブログにあった例は、すごく良い例なので確認していただくといいと思う。これに関しては、私は良く、書いたものがそのまま出力されるわけではないですよということを常々言っていたことを思い出します。リングなどの文字を抜いて作成する人は、その辺を気をつけてもらいたいと思う。

さて、この頃仕事で別のソフトから作られたデータや3次元スキャナーでとられたものを見たりします。リング1個で約30MBなど。。。表示だけでも大変。

今回は、データの面数を削除するソフトでどの程度まで削除できるかやってみました。
10122009_1.jpg

10122009_2.jpg

元データは、29.8Mです。上記写真で一番上のもの、ほとんどべた塗
2番目は、そのファイルから△パッチを結びなおし、90%の△パッチを削除した状態 2.98MB
3番目は90%削除した状態からさらに50%削除したもの1.49MB 
4番目は3番目のものをさらに70%カットしたもの 458KB 

最初に面が細かく作られているものを削除しているのでさすがに3番目と4番目のデータは、リングの内側とリングの石座の接続部分の平面が若干歪みますが、曲面に対しては大体きれいに表現されました。また、CGソフトで確認するとだいたいですが変わりのないものとして表現できます。(曲線の角度によって柔らかく見せる手法などがはいっているので)

この辺から考察すると面の効率化をしながら、データを作成した場合、かなりの効率化ができ、データサイズが大きくなくともきれいなデータが表現できるということが解る。

*私のはテクスチャーもついてるからそんなのと違うしと思っている方もいると思います。そいうのもテストしてます。
10122009_3.jpg

42.6MBのデータを1.70MBに変換、若干テクスチャが柔らかいとおもうが、造形で出すとどうなのかが楽しみです。

効率化できれば、メールで送るのも表示するにも、CG作るのにも最適になるということになりますね。







posted by JCG at 14:25| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2009年12月03日

データ制作

データ制作の仕事がまいこんできてるのでやっておりますが、
ユーザー様に振りたいと思っております。
量的に出せるので価格は安めにということですが
どのくらい量があるのか未知数ですし、
もし、やったとして月どのくらいの稼ぎになるのか?
とか
データの品質はどのくらいでいいのか?
という問題が出てきます。

なので、とりあえず、自分でやってみてから振るべきかな?と
11月は出張もあり、1週間程度できなかったのですが
約250000円程度の仕事になりました。

image112909.jpg

オーソドックスなものが多いです。

今までは、ユーザーさんと直接やってくださいみたいなスタンスでいましたが、JCADのユーザーさんは、企業で書いてる人がほとんど、また、歴史もふるいので日本のトップクラスがひしめいていて、価格面や仕事の量的に他社のまで行える人は少ないのが現状です。

きちっと技術をみにつければ、稼げるとつねづね話してきているんですが、技術を身につける前に終了という方が多いのも事実で、また、どこまでの技術をみにつければいいの?という疑問もあります。職人さんと一緒なんですけどね。。技術およびデザインは常に進化しているんで日々努力しかないですね(自分にも言い聞かせてるつもり。。。)

一番重要なのは、物を素直にみることと、自分が扱えるソフトの技をいかに磨くかということ、基本的にはどこのソフトを使っても3次元ソフトであれば何でも書けるはずです。フリーでも高価なソフトでも変わりはありません。

稼げるということは、良質なデータをいかに早くかけるかということであるとおもいます。 昔、イタリアのVichenza OROでIruka7さんと二人でDEMOしたときにイタリアの人たちに”あなたたちは精密機械ですか?”と驚かれたのを思い出します。。
posted by JCG at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記