2010年02月22日

新コマンド

新コマンドが増えるたびに下位のバージョンには、ない操作になるのでファイルが同じ拡張子でひらけることはひらけるのですが
コマンドがエラーになり、そのコマンドを含まないデータで表示されます。
そのへんが、既存のコマンドを活用したものと新しく付加しなければならない部分との境界線になります。

どんどん、新機能がふえることはいいのですが、その辺をどうするかが悩みどころです。

なにかいい手はないか考え中ですが。。。。。
現存する3次元の手法を全部組み込んで後は、拡張という形がベストなのでしょうが、それには、何年もかかると思います。

拡張子を変えることで、対応もできますが、煩雑になりますしね。



DXFなどにもバージョンは存在します。バージョンによってコマンドの違いもあります。3次元初期から作られたソフトはそのような進化をしながら来てるのを見ると。しかたないのかとも思えます。

物体データとしては、DXF(3DFACE)、 STLが存在し、これは、すべて3角パッチの列挙ですから、どのソフトでも同じです。

DXF(3DFACE)は 複数物体を持てるデータなので、演算の和は必要がありません。

ローランドなどのNCを作成するときは、DXF(3DFACE)での保存が最適ではないかと思います。


posted by JCG at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年02月17日

NCデータのひげ?

現在、SLC出力を研究していますが。
その中で、破たん部分を強制的に線をつなげるということを行ってます。

MEIKOのNCデータは、破たん部分をとなりに物体がくるまで
作成してしまうので、すべてを造形可能ですが、細い線(ひげと呼んでる物)が出ます。
SLCデータの出力を行っていて、その破たんした個所を結ぶことに成功しました。

大きく壊れたところはだめとしても、ひげはでなくなります。
そのうちに、NCMAKER有料版を作成します。
posted by JCG at 14:08| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2010年02月15日

線の厚み

線の厚みというか面の厚みというか

NCソフトの作り方により機械にかけられるデータは限られてきます。
多くの機種では、STLデータでも完全なものという前提がつけられます。
STLデータは、USAの3DSYSTEM社が光造形用データとして提唱したものであり、中身は、DXFの3DFACEと同様なものである。
その違いは、DXFの場合、複数個の物体を保持してよいということである。要するに演算の和は必要がないということになる。

造形を行うサービスビューローは、様々なCADから出たデータを造型しなければならなくその対応に苦慮する。

NCを作るCAMソフトが高価にもかかわらず、単体で売れるのにはその辺の問題がある。また、STL修正ソフトもそうである。

3DSYSTEM社がすごいなとおもうこと。。破たんした面(GAP)を自動で補完するものを作っていること。描き方にもよるが
破たんする面はその物体同士の面の線に異存が多い。細かければ当然破たんも小さい。どの範囲のものが抜け落ちた面になるのか0.1mmなのか0.01mmなのかという数値を与えてあげれば、そこは抜け落ちていないと判断がつくようである。
その辺は、装置を作っている会社自体がNC作成ソフトをどのように作るのかが重要になってくる。(それをまっててもらちが明かないだろうが。。。。)

そもそも、面とか線って厚みがあるのだろうか?
そのCADによって違うことではあるが、JCADには存在した。
同一に重なる面を作り(接する直方体2個等)を演算し、同一面が除去できるかやってみた。JCADは、同一面をそのまま面として書き出すためリングサイズ合わせ等で自動的に接する面を作成するとその個所に面が残ってしまう。
0.0035mmずらすことにより同一面の除去は可能となった。
ということは、JCADには線と面の厚みが0.0035mm存在することになる。
よりよいデータを掃くためにはこのような単純な疑問のテストも必要で次にはこれを修正できる何かを探すことを考えなければとおもう。
自分でもデータを描くため、いろいろな機種に対応したデータを描かなければならない。そのための研究は必要であり。対応機種の特性も知らなければいけない。いつまでも勉強は必要である。





posted by JCG at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年02月07日

NETだけで勉強どこまでいけるか

展示会が終わって展示会中にできなかったデータのお仕事がたんまり溜まってしまいました。
今日もやらなきゃ。。。。

展示会中5日間サボったのですが、1週間かけて渋滞解消中です。

CADのオペレータの仕事は、以前から言っておりますが、女性の方向きではないかなと思っています。そこの会社の原型の雰囲気が
理解できれば、結婚しても家庭でできる仕事であるから。

JCADのユーザーの工場でもそれを推し進めているとこもある。
ここの工場長は、とても先見の目がありまた、行動力もすごいので押しすすめたようです。当初1年は右往左往でしたが、今は90%以上CADでの原型制作に成功し、逆にそれを処理する職人が足りない状態になっている状況です。造型と手作業があいまって、いいものが作れるというのは、将来的にも変わらないと思います。


今回は、データの仕事のインフラを整えるために一つの実験を試みようと思っています。知り合いのまったく、宝飾業と関係ない人で
NET(誰でもできる基礎講座)だけで、オペレートが可能かどうか?(向き、不向きもあるとおもうので、宝飾が好きな人ということが前提)昨日からソフトを渡しTRYさせているのでその報告もここで行いたいと思う。

posted by JCG at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記