2009年05月17日

NCファイルについて

 ある方と話していてちょっと考える機会があったので考察、だいたいの機械は3次元ファイルとして、DXF(3DFACE)とSTLに対応しているその上での問題点とはソリッドモデラーはブール演算での抜けおちの問題、サーフェースモデラーでは、3次元ファイルにした場合の変換上の問題があります。(演算部分などCGで見せているものをファイル変換時に計算させますので±がわからなくなりおかしな物体を生成)
そのため、ソリッドモデラーはホールを埋めるためにSTLの修整ソフトを使用することが多いし、サーフェースモデラーならSLCに変換して行うことが多い。要は STLファイル製作の上での抜けおち処理かSLCファイルに変換するの良いといわれている。その上でいえば、JEWELCADは、SLCファイルを出力しそのSLCをSTLにできるというものであるしかし、複雑に作ったものはファイル変換時に演算部分の±部分での障害が発生している。これはCAD操作の方法を変えれば改善ができるのだが、演算に演算を加えて作成した場合は当然、有意であるソリッドモデラーもホールが多々できるので、実際に計算していないソフトでは難しいといえる。
データ量の問題で細かくすれば細かくするほど精度は上げることができるが不必要なデータを機械が読み込むために機械の速度が遅くなることが多い。(データを細かくすると、粘土のような操作で編集もできるし細かい細工も可能になるが、現存する機械では光造形で10μ(実質樹脂の影響と光の径に依存するのでかなり精度は劣る)切削型では、ドリルの径および角度に依存するので約0.125ぐらいが限界ではなかろうか?
機械的にはそれ以上の精度は不必要ということになる。しかし、線として機械は読み込むので短い線が増えれば遅くなるという状態になる。
一長一短である。
良い方向は、ブール演算の精度アップ・それの限界ならば補正ソフト・3角パッチの増減ができるものというかんじかなとおもう。
ホールの自動補正ソフトも3角パッチの自動増減できるソフトも単体で存在する。それらの統合ができればいいソフトなのだろうが異なるエンジンを持たせるようなソフトがどのくらいの価格でできるのかは不明である。それに近いソフトを実現できるように開発は行うつもりでいる。
posted by JCG at 12:32| Comment(0) | 日記

2009年05月08日

大阪

5月1~2日に大阪にいってきました。ヒコ・みづのジュエリーカレッジの大阪校にJCAD3GLBをインストールするために
CADのルームは8階にあり、すごく見晴らしがよく温かい場所でした。
ネットワーク版は、4月30日に最終調整がおわりできたてのものでやっと。まにあった感じです。
はいっていたのは、HPのノートパソコン HPのパソコンは、知り合いのところもそうですが、グラフィック系がきっちり動作するので気をよくしてインストール。やっぱり。グラフィックのトラブルシューティングをいじることなく完全動作。。。。メーカーが違うだけでこれだから。。さまざまなPCに合わせろというのは無理に近いなと痛感。。
これで、教室をお借りすれば、大阪での教室も可能です。
今までは、関西方面は未開拓ですが、それでも10軒以上の顧客はいるわけです。ですので、新しくなった部分など、また、CADを始めてみたい方などをお呼びして教室をやってみたいと思っております。
大阪にはまだ、すごく使いこなせているというユーザーは、聞いたことがないのが事実で、東京・甲府には日本のトップクラスとして名前が挙がるJCADユーザーがいますのでそのような方などのDEMOもできればいいなと思っております。
 実際、ブルガリやダミアー二にJCADが導入された時も、私とIRUKA7さんがVichenzaの展示会でDEMOを行ってからですのでその再現をと思っています。
また、今月後半には九州デザイナー学院の導入も決まっており、九州でもDEMOができればと思っています。
posted by JCG at 20:39| Comment(0) | 日記

2009年04月30日

JCAD3 GLBVer1.0.0 5月1日発売開始!

最後の最後にVISTAでの画像キャプチャー処理の連携がうまくいかづに悩みに悩んでいましたが、XPでは、とっくに出来上がっておりました。VISTAの開発者が20%なのも理解できます。
実質には自分たちの思ったことを実現したいのですが、というか
XPまでは実現できているのにそれだけをつぶすのに2週間。。。
これでは開発者はいなくなりますね。。
思ったことを実現する方向にバグの対応や、新たな開発を今後も続けていきますが、自分たちの構想の約70%は、実現できていると思います。次からの開発は、現在、80万以上のCADおよびSTL修正ソフトの機能を実装させることをしていきますが、その部分の供給はどのようにするかといった価格帯やリリース方法に悩むところです。また、今回のリリースで次のWindows7への移行テストにすすみます。
posted by JCG at 15:15| Comment(0) | 日記

2009年04月20日

なれ

なれというものはこわいもので、TAKUMIのときには、透視図の速度もあってワイヤーフレーム状態しかも、簡易状態で物体を描いていました。何年もやってるとこの状態が通常でしかも、だいたい、ここら辺におけばいいかなというのも感にたよってだいたいのところにおけていたわけですが、今回 急遽 透視図のシェーディングを常時する状態のモードを追加しました。
 他の物体に食い込んだ時の制御点は、みえませんがそれは、普段使っているモード1〜3に変えればいいということで組み込んでみました。
 具象とかすごくやりやすくなった感じたぶん、パべなんかも今までの数倍の速度で可能かなと思っております。
 BASICOPERATIONのページにこんな感じでという動画をUPしてあります。
 BASICOPERATIONのページは、初期講習に必要なものなどを上げていきたいと思っております。
 初心者の方がまず、はじめに体験版をダウンロードし、この動画を見て、最初の入りができるようになればいいなとも思っております。
 また、JCADでできること(CADなのでお題をいただければだいたいのものは描けますが。。。。)を見極めていただければと思っております。
posted by JCG at 16:20| Comment(0) | 日記

2009年04月19日

現在の光造形機(積層型造型機)について

現在、宝飾業界で使用されている光造形(積層型造型機)は、主に5種類です。
MEIKO(光造形) Solidscape(インクジェット)Envision(光造形)DWS(光造形)Invision(インクジェット)
その中で機械的な仕様をみると高速かつ精度があるものはDWSの造形機となります。方式は下から盤面に照射する現在の高速機と言われているものEnvisionと同じ方式でしかもレーザーを使いガルバノミラーにより照射させる方式1点照射なのでプロジェクターのようなピクセル数に依存する面照射を採用している機械よりははるかに精度があります。レーザー刻印の機械を下から上に向けて照射しているというのがイメージしやすいと思います。日本製の価格を切り詰めたEnvisionと同じような製品がもうすぐ発売されるのでそれに期待が持てます。
インクジェット方式では高価だがInvisionの精度は素晴らしくまた、造形物にも強度があり使いやすい。
キャストの面でいえば一番WAXに近いということもありSolidscapeが得意とする。但し、細かい爪などの点では難しいという評価があり海外では爪の製作はしなくあとで爪を地金で立てるということも聞いたことがあります。
実際にこの中で一番古いのはSolidScapeで次にMEIKOの順である。
Meikoの造形機もとやかく言われがちでひと時の販売実績には及ばないが着実に販売しています。4月も韓国の大学、2台目購入の企業と販売されています。
posted by JCG at 21:08| Comment(3) | 日記

2009年04月16日

体験版ダウンロード

新JCADの体験版をダウンロード開始いたしました。今までの操作性をくずさずに新しい機能をくわえていくことは簡単なようでとても難しいと痛感しています。新規に新しいソフトを作ったほうが簡単だったんでは?と思うこともあります。
 基本ベースを拡張していくわけですが、新コマンドを増やすたびに前の操作との絡みが発生し、既存にあるコマンドの内部処理方法を改良しなくてはいけないなど複雑にからんできます。
内部処理だけみたら80%以上効率化を行っております。
ファイル形式も見た目は同じでもバージョンによって若干の変更があったりDEMO版を配るまでのテストでは大丈夫だったと思ったものが顧客先ではエラーにということも起こり、解析作業、効率化を行わなければいけないことに、その中でも効率化をしていくことにより新たに旧ファイルで行えなかった保存した物体を再度サイズ合わせできる方法を見つけたりといった発見もあり、やはり多くの方に触れていただき改良を行うということもありえるんだと思いました。WINDOWSでリリース後すぐに修正版が出るというのと一緒でそのようなとき、もっと、しっかり開発してから出せばいいのにと思ってたのを思い出します。
当初のリリース時期からかなり遅れをだしておりますが。。。。。。かなりいいものに仕上がっているのを実感します。
posted by JCG at 21:37| Comment(0) | 日記

2009年04月14日

使用状況@ 

先週1通のメールが入りお客様の工場にいってきました。業界では大手の企業の工場です。工員数も日本の工場では多い方だと思います。現在は工場で作成している原型の95%は造形で作成しておりかなり使い込んでいます。
 今回は急激にレーザーの出力が下がったため造形できないとのことここの造形は出力を極力下げて出来上がりを重視した設定になっており出来上がりでかなりの精度を出しています。
 担当は女性の方なのですが、かなり造型機について研究をされておりDATAと出来上がりの誤差を極力少なくしています。
設定的には、LC-510の速度 800でうごかしていますが、レーザーの出力は2.8−2.6ぐらいであり出力を抑えています。
私自体がLCV-810の出力できれいだと感じる範囲は、下限2.9〜2.7速度1600ぐらいなのでちょうど良い範囲で造形されていることになります。月に約70型(再造形含まず)をLC-5101台で造形しています。どんどん、造形での仕事が増えてきている様子もう1台はいると楽ですね。
JCADのオペレートは二人で行われています。一人月35型いいペースだとおもいます。
posted by JCG at 20:17| Comment(0) | 日記

2009年04月08日

NEW造型機

日本の会社で製作した光造形機が試作段階を終えた状態になってきたようです。まだ、詳細等は発表されていませんが、ドイツのエンビジョンのような方式を採用しているようです。
固定液面で下から光をあて凝固させる方式は、日本人が考えた特許があり今販売されているそのような方式のものはこれに抵触する恐れがあります。どのように回避しているのか情報がないので今回の機種はその辺をクリア―するのに時間がかかったようです。
 特許に対しての危機管理は、とても重要で以前は、ある会社の世界的特許に抵触した会社が製造の中止を余儀なくされたこともあります。販売台数に特許権を行使し特許使用料をかけるもしくは販売停止させるなどがとられます。
 メイコーシステムも一時期、米国3D社の特許に抵触するということで査察などが入ったこともあります。光造形で上から光を当て凝固させ固めて積層される技術はこれも日本人が最初に考えたことでこれがもったいないことに特許申請はしたものの審査請求をしわすれたというような内容だったと思います。もったいないことです。その間に米国の会社が世界特許を取得してしまっていてこの議論は裁判を行う国によって様々で日本でやれば勝てるけどといった内容になっています。メイコーシステムの場合は、国際弁護士同士が話し合い、今現在は特許に抵触しないということになっており米国での販売も可能となっております。
特許の行使権は、特許保有者にあるのでそれを行使するかはその方の一存だあるがゆえに海外の会社まで行使するかはわからないところであります。それゆえに発案という重要な資産の保全が日本人は特に気薄であるということかなと思います。
 
posted by JCG at 10:40| Comment(0) | 日記

2009年04月02日

3次元のPC環境

この頃、購入するPCは、すべてゲーム仕様のものを購入しています。ネットワークのゲームはだいたい3次元環境でありかなりの能力を必要とする。今回の開発時のメインPCもDELL XPS 630を
使いました。かなり、安定感があります。(VISTAの動作は置いといて。。)本体と22インチのディスプレーがついて12万ぐらいでした。
私たちが3次元を始めたころは、22インチのディスプレー45万とか
FireGLの128MBのグラフィックカードが45万とか。。今考えると敷居が高すぎな時代でした。
UNIX版のJCADが150万ぐらいしてましたし。。。
やっと、3次元環境が追い付いてきたなというところです。
ノートPC使用するのには、やはりMAXな環境を求められると思います。

やっとジュエリーの業界でも使用する人が増えてきてこれから本格的に進んでいくと思われます。
このような状態になるとすごく浅い知識の人が口だけで商売をするようになってくるし情報も偏った物が多くなってきます。
ブログもよしあしで表現の自由というものだろうが何を書いてもいいわけでないと思います。

ここでは、自分たちが使っているものなどをご紹介したいなと思います。
posted by JCG at 19:14| Comment(0) | 日記

2009年04月01日

NET認証

NET認証のテストが終了しました。バージョンUPや修正パッチの配布も自動で可能になります。
これで、NETにさえつながっていれば、平等にサポートが受けられる状態ということになります。今までは、メーカーのHPや代理店に話をしてということが必要でありましたが、確認しなければわからないといったことがありますのでサポートをしているということからはあまりにかけ離れたところの話ですね。

また、これにより、同一シリアル番号の動作状況(不正コピーも判断可能です。)
1か月に1回は認証を求められますが、世界的にコピー製品が出回っていることを考えるとこのような状態が必要であるのかなと思います。

これで、契約完了すればリリース可能の状態になりました。ただ、NETを見られない方には、これから資料作成などを行い、販売に踏み切る形になりますので、もうちょっと時間が必要です。

DEMO版(データ保存無版)も配布予定です。また、お知らせします。
posted by JCG at 16:55| Comment(0) | 日記

2009年03月30日

3次元の力

バーチャル空間 Second Lifeで描いた物体
このように3次元の基礎ができていればどこの3次元の世界でも物体は生成可能 どのソフトがいいのか? どれでもいいのではと思う。ただ、これを書くのにどのくらいの時間がかかったか?ということ JCADなら10分だろう

3次元バーチャル空間 
私は、CADの透視図と同じであると思う。
そこで、表現できるものは、CADで描くものと同じである。
posted by JCG at 23:02| Comment(0) | 日記

2009年03月29日

公的情報と商品情報

たまに講演をしてくれと言われることがあります。その際に重要なのは宝飾CADとしての全体を見渡しての情報なのか、JCADの情報が欲しいのか?ということを考えます。
前者の場合、私的にはJEWELCADとRHINOとJCADは理解しており話すことが可能だと思います。世界的に基本になるのはJEWELCADでありそのソフトとの対比から開発などをつづけてきてますしRHINOなどは、JEWELCADのコマンドをみながら使えるものを出してきていると思います。後発になるほど、他のソフトとの対比により他のソフトのいいところを組み込んでいるように思われます。
アウトラインと断面を組み合わせての生成などは、JCADになかった部分なので取り入れるといった開発を行いましたし、
展示会で3DESIGNのデモをみましたがJCADですぐれている部分”円筒曲げ”が導入されていたと思います。
3次元ソフトで他のソフトができているものはすべてのものがだいたいは開発できます。また、宝飾用のCADということ自体宝飾に特化された機能があるだけで、やりやすいということ以外あまり意味を持ちません。最終目標(デザインデータ作成)に到達するためには3次元のソフトであれば遅かれ早かれ到達はできます。何百万もするCG系ソフトからブレンダー・メタセコイヤなどのフリーソフトまで可能です。また、高いからすぐれているということはありません。フリーのソフトでもうなされるものはあります。ブレンダーなどは開発に公的機関が絡んでおりうちのような小さい会社より開発にかけられる資金も桁が違うと思います。
そのようなことを加味して甲乙つけがたいソフトを講演するのはとても難しく公平な立場の発表が必然的に必要になります。

よく、他のソフトとの差をきかれますが、大差はあまりなく、世界的に言われること”JCADは教えるのが簡単”ということだけがよそとの差であるかなと思います。

公的機関で発表されたものに事実と無根の情報などがあると関係者を巻き込んで大変なことになります。今回も公的機関から謝罪文をいただきました。正確な情報と公平な講演というのは業者がからむと難しいように思います。私自身も講演を行う人間として考えさせられる出来事だったなと思います。
posted by JCG at 15:15| Comment(0) | 日記

2009年03月28日

認証方法

今まではハードウェアキーを供給することにより行っておりましたがこの方法は、どのソフトにも言えることですが暗号を解除されてしまっていることが多くあります。いわゆるクラックソフトと言われているもの。JCADもそのようなクラックソフトというものがあり使っているというような話も聞いております。
日本でもそいうものがあり、つかえてるといったような話は聞いたことがあります。
調べてみると学校用のネットワークバージョンも解除されており、そのようなものが出回るということは、商品が通過した代理店もしくは、学校の管理の問題を疑わなければなりません。大変なことです。

今回はその辺も考慮し、NETWORKでの認証に変えるため動いています。
また、そのようなことが可能なら、修正版を自動配布することも可能になります。正規顧客様に対しても配信側もよい方法だと思います。

ちょこちょこと開発してだすと前のバージョンと変わらず、クラックソフトで充分になりますので、かなりの違いを実現しなければなりません。1〜2年でクラックソフトが出回ってくるということを考えると、しばらく野放しにしてかなり能率が上がる仕様で供給という形が妥当なのかとも思います。
posted by JCG at 20:44| 日記

2009年03月26日

遅延の理由

クラックソフト。。中国などでも確認済みですがクラックソフトいわゆる不正に使用しているソフトが蔓延しています。JCADもその例外ではなくJCADと検索するとクラックソフトに出会います。JWELCAD、RHINOも存分に蔓延してしまっています。
全世界でこのような不正ソフトを使用しているユーザーもおり、それがソフト供給会社の益を減らしている状態になっております。開発にはお金がかかります。それを行うために商品を販売しているのですから困ったものです。
ハードウェアキーは、もう破られると思ったほうがよさそうですね。JCADもキーに3個の暗号を持たせていますが、破られています。
大手のソフトがそうであるようにNET認証をしないと難しいです。
今回は、供給まじかにNET認証への移行の決定がおり、今急ピッチに進めています。修正パッチも自動配布可能となります。ユーザーさんにとってもいいことだと思います。
posted by JCG at 22:42| 日記

2009年03月24日

造型機

10年パスポートが今年終了して、先月更新しました。最後の1ページを残すのみとなっていて、増刷の危機だったんですが、景気後退もありぎりちょん間に合いました。  思い起こせば、イタリアのCHIMENTに導入され、そこから、ブルガリ/ウノ・アエレ/ダミアーニ/フォリ・フォリ等 世界的な会社に導入されてきた。  イタリアの光造形機を開発販売しているDWSは、もとは、弊社の販売店さんであり、今でも交流はある。世界の展示会に出ていくと友達というのが凄く強く販売店を紹介しあうので各国の有力販売店さんで一緒になることが多い。世界的にトップクラスの仕事をしていればということだが。。  CADも簡単に売れたわけではない。当初は装置と一緒に納められていった。  メイコーシステムの導入のさい、海外有名店のデザイン画が渡されることも少なくはなかった、送ってこられたデザインの中には、カレライカレラなども含まれ、具象に関してもすべて描き、納めさせていただいた。  2000年にスペインのバルナホヤの展示会の特別基調講演に呼ばれたのもそのような流れからである。    どの機械でも、どのCADでも目新しいものは最初の1年は売れます。そこから正当な評価が生まれてきます。これは、世界各国どこにいっても同じである。  宣伝の仕方でいただけないものもある。ドイツの機械を販売する際に弊社のデータを断りもなく使用していたこと、また、その機械ではなく、メイコーシステムで作ったものがあたかもその機械で作った物のように宣伝されている。削除を依頼したその場では謝りの言葉をいただいたがなおも使用している会社がある。とても遺憾である。製作物の著作は制作者にもあることを強調したい。  世界的に良い機械を作っているのは認める。また、弊社のデータが世界的に認められているのはうれしいことであるが。。。。。  
posted by JCG at 13:07| 日記

2009年03月23日

おそるべし

ユーザーギャラリーにある画像
1009090_1.jpg
この画像は韓国のS&H社のデータであるが
JCADを初めて2か月のユーザーである。。
JCADの前はJEWELCADユーザーであったらしいが、CADで就職を考えてたりする場合、このような技術をもって面談にいけばどこでも欲しい人材であると思う。
まぁ、これは極端な例だが

JCADは1年で甲丸しか描けないと極端なことをいう人もいますが、さてどうなのだろう?

世界から取り残されないように危惧するばかり
posted by JCG at 10:59| 日記

樹脂のキャスト

樹脂のキャストについての考察
樹脂キャストは100%成功するというのはあり得ない。なぜなら大気中で燃焼させた場合よくて98%の燃焼である。残りの2%は残渣が残る。しかし、これを95%以上の確率でキャストすることは可能である。

どこの機械を販売している会社でもキャストはできますというさてほんとにそうであるだろうか?

キャストのやりやすい形状というのもある。 多くの場合 樹脂の量の少ない線でできたような物体これはやりやすい。よく、サンプルなどで見せられる線が入り組んだようなもの、しかしそれは樹脂の量が少ない、また細い線のために熱膨張したときに石膏を壊しにくい。

では、100%はないとして95%以上に近づける方法は下記の要点である。
熱をかけると石膏は膨張する樹脂は収縮する。
アクリル板に絵を描いて電熱器で温めると収縮し、小さな物体になるのは知っているだろうか。よく、子供がペンダントなんかにしている。
1.石膏を固くする(アクリル用のキャスト専用石膏が販売されている。また、ファイバー系素材を混入させる。硼酸を混ぜる等の方法を使う)
2.急激な温度上昇を抑える。販売店がよく指示することは長めの時間で炉の温度を管理するということ。その中で、一番重要なのは180度前後(初期の設定WAXでは脱蝋のときの時間)で長めに設定すること石膏に水分があるときは99度のままいくら炉の温度を高くしても上昇はしない。水分が切れた時に一挙に上昇する。そこで膨張と収縮が起こり破壊される。
3.大気中において350度ぐらいで発火し始める。しかし、炉の内部に強制的に酸素などを入れない限りその数値には近づけない、したがってそのうえ約450〜500度のところが重要になる。
4.炉の精度、さまざまな炉を検証しているが機械の表示温度と
実際の内部温度に誤差がある。2段の炉の場合顕著に現れる、上下で約60度の誤差がある炉も存在する。

この点を考慮すれば95%は成功に導ける。
弊社のテストで約98%に近い数値を出せるわけは、
1.石膏に硼酸をいれて硬くしている。
2.小さな炉にデジタル表記付きの温度センサーとステップが入れられるものに改造している。
3.高温温度計により石膏の内部温度を計測し、温度設定している。
などがあげられる。

水分量の管理において、通常の製品と一緒に行えば毎日炉内の石膏数が変わることを考慮しなければならないだろう。

posted by JCG at 10:41| Comment(0) | 日記

2009年03月22日

宝飾用CADについて

私が宝飾用CADに携わって15年だいぶ月日がたってきました。当初、すぐに加速すると思われたこの分野15年の月日がたち、やっと企業で導入されだしてきている。
仕事柄、海外の事情も見てきており、日本がすでに取り残された感はある。
また、日本におけるこの分野の情報は業者から出たものが多くさもすれば独りよがりの情報もある。
このブログでは、偏った情報ではなく3Dジュエリーを本格的に行う上での情報を書いていきたいと思う。

世界的にジュエリー用として発売されたのは、香港のジュエリーCADである。今まで世界的に多かったのはダントツでこれである
その後、宝飾用としては JCAD、3番目にTYPE 3D(現3DSIGN )。そしてRHINOが工業用CADとの受け渡しのCADとして使われだしたのが順番である。
その中で昔は、JEWELCAD→JCAD→RHINOという構図であったが現在は、RHINO→JEWELCAD→JCADという構図である。
この3本は、かわいそうではあるが、コピー版が出回っており販売会社が把握できる本数の数倍は使用されている。
今後、NET認証化により実際の使用本数は把握されるだろう。

3DESIGNは販売本数を理解してないのでなんとも言えないが中国・韓国・香港などの企業であまり見たことがない。(単に私がみないだけであるとは思う)スワロフスキーを使うところには最適であると思う。将来的にあなどれないとおもう。

海外の工場、特に中国/韓国の企業では、CADオペレーターも30人前後となっており、その企業が導入しやすいものが、RHINOとJCADであるということは変わらないようである。
posted by JCG at 16:48| 日記